メンテナンスについて

重そう、清掃

入荷した家具は初めに汚れや古い塗装を落とすため、身体に安全な重そう水できれいに拭きあげます。

その際に引き出しや扉の中、裏側までしっかりと拭き清掃します。

研磨→オイル

家具の表面をサンドペーパーで研磨して、細かいキズやシミなどを落としオイルを塗ります。この工程を徐々に細かいサンドペーパー(120、240、400、600番)に替えながら丁寧に磨きあげます。オイルは3回に分け塗布し、オイル仕上げのしっとりとした味わいや木の自然な艶などを引き出します。

永く使うためのメンテナンス

ヴィンテージの家具は接着剤の劣化や木の変化により、様々なメンテナンスが必要です。
フレームを可能な限り解体した後に再接着し、ガタつきや緩み、引き出しや扉の立付けを調整します。また木部の欠けや凹みなどは専用のパテやロウで埋め補修します。
一点一点メンテナンスの方法は異なりますが、これから永くご使用いただけるように丁寧にメンテナンスをしています。

オイルについて

仕上げに使用しているオイルは、天然成分にこだわった日本製の自然塗料です。チークやローズウッド、オークなど材質に合わせたオイルで2回塗りした後、仕上げには水や汚れに強いオイルを使用します。そうすることで、通気性もあり、木の呼吸を妨げない、“木”本来の美しさを引き立たせる自然な仕上がりに。食品レベルの安全で上質なオイルですので、匂いもほとんどなく、お子さんのいるご家庭でも安心して使っていただけます。

張替えについて

ソファやチェアーの生地の張替は、提携している専門業者が行います。中のウレタンも新く交換、または補充をしています。高度な技術や設備を要するメンテナンスは木工の職人が対応しています。ご購入後の張替えやメンテナンスも承りますのでどうぞご相談下さい。

ご購入後のメンテナンス

ご購入後のメンテナンスにはオイルワックスをご使用下さい。

1. オイルワックスを柔らかい布等に取り木部全体に薄く伸ばします。
*刷毛を使用するとより広範囲に塗ることができます。
2. 約10分後に乾いた布で拭き取ります。
表面にオイルワックスが残っていると、ベタつきの原因となりますのでしっかりと拭き取って下さい。
※使用した布は自然発火の危険がありますので、水に浸けて処分して下さい。
3. 塗装後は12時間以上乾かしてご使用下さい。
塗った直後は洋服やファブリックに付着する可能性がありますのでしっかりと乾かした後にご使用下さい。