Borge Mogensen

Borge Mogensen

Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)はデンマークを代表する家具デザイナーの一人です。 1940年代、モーエンセンは、FDB(デンマーク生活協同組合)にて、品質が良く、手頃な価格の一般消費者向けの家具をデザインしました。彼の作品は常に大衆目線のデザインで、デンマークの近代家具の中でもひときわ機能的で丈夫な家具をデザインしました。

モーエンセンの家具の特徴について

  • F.D.B Mobler
    F.D.B Mobler

    1942年、丈夫で使いやすく高品質な家具を一般消費者向けに製作したF.D.B。
    初代チーフとなったモーエンセンは、ベーシックなデザインでフレキシブルに使用できる棚やシンプルで無駄の無い北欧デザインのスタンダードとなるチェアなど数々の名作を生み出し、デンマークの人々の暮らしを豊かにしました。

  • クラフト感
    クラフト感

    モーエンセンの家具の魅力の一つにクラフト感のある細部のデザインがあります。凝った心真鍮の引出しの持ち手、スパニッシュチェアの編んだような皮ひも、あえて表に見せるテーブルの蝶番など、またソファのファブリックも格子などのオリジナルの織物を多く使用しています。シンプルな家具のデザインにそれらはとても良いアクセントとなっており上質な建築のよう。上品な存在感を放っています。

  • すっきりとしたシンプルなフォルム
    すっきりとしたシンプルなフォルム

    実用性や丈夫さを特徴としたシェーカースタイルを取り入れたJ39やC18などに見られるすっきりとしたシンプルなフォルム。モーエンセンは、同じパーツの組み合わせでデザインすることによりコストを抑え、 無駄な工程を省いたシンプルなデザインを追求しました。装飾をそぎおとし簡素化したデザインの中にも機能美と温かみがあふれ、どんな空間にもバランス良くフィットします。

モーエンセンの代表作

  • ダイニングチェアー「J39」
    ダイニングチェアー「J39」

    初期の製造販売をしていたF・D・Bで製造されていた「J39」。無垢材を使用したとてもしっかりとした造りで、座面は伝統的な編み方で編まれたペーパーコード。腰を下ろすと自然にコードがしなり、体にフィットした快適な座り心地です。現行品もありますが、じっくりと使い込まれた味わいのある風合いはヴィンテージならではです。

  • スポークバックソファ
    スポークバックソファ

    Hans J.Wegner(ハンスJウェグナー)との共作として有名なスポークバックソファ。片側のフレームは鎖状の結び目が作られた革ひもによって6段階に角度を調節することが可能です。 英国の伝統的スタイルである二人掛けの椅子をヒントに1945年にデザインされました。若き日のモーエンセンとウェグナーの創意あふれる作品です。

  • シェーカーテーブル
    シェーカーテーブル

    シェーカースタイルからインスピレーションを受けデザインしたテーブル。脚は座った際に脚元の空間を広く使えるT字型で、支えの2本の脚をできるだけ内側に寄せて、空間を意識した座りやすさをを追求しています。ユニバーサルデザインとしても優れた名作です。

全8商品 1-8 表示

おすすめ商品

コンテンツ

PageTop